So-net無料ブログ作成

妊娠を試みるのがAID [健康]

カップルとは関係のない、一般人の精子を受精させ、妊娠を試みるのがAIDです。
「AI」の後に、ドナーの「D」をつけて「AID」と呼ばれている人工授精になります。
この治療方法に提供される精子は、事前に受精能力があることをチェックされています。
ですから、成功の可能性は高いのですが、この治療は、カップルが希望したとしても、適用になるには多くの条件をクリアしていなければなりません。
どのくらいの成功率なのかと言いますと、あるクリニックの開示情報では、凍結精子を用いている場合、妊娠成功率は、3パーセントから4パーセントと言われていますが、他の治療法を併用し、最終的にAIDで妊娠する確率は30パーセントから40パーセントとなっています。
費用ですが、AIDは自費診療ですから、健康保険の対象外です。
授精の当日、お薬代などを含めて、3万円程度の費用が相場ですが、クリニックによってはこれより若干、前後すると思います。
不妊治療は基本的に保険がきかないので、どうしても高くなってしまいます。
不妊治療を続けて、赤ちゃんが授かるまでがんばりたいけれど、費用が原因で諦めるというカップルも実際、多くいるようです。
これはカップルの問題ですから、パートナーとよく話し合って治療をすすめて欲しいと思います。
子どもがいない2人だけの人生も、また、それはそれで選択肢のひとつでしょうからね。
では、実際に人工授精はどのように行なわれるのでしょうか。

わきがの治療 [健康]

わきがの治療を考えている人はどれくらいいるのでしょうか。
女性の多くはわきがを気にしているだけで、実際に治療をするところまで行かないでしょう。
わきがの治療についての知識がないため、どれくらいの費用が掛かり、どのような治療法があるかわかっていません。
わきが治療について少し紹介しましょう。
実際の治療はクリニックによって異なります。
一番簡単な治療法はボトックス注入法です。
これはわきに注射をすることで、汗の分泌を抑える方法です。
注射ですから、わずか5分もかかりません。
わきがの原因が汗をかくことによるのですから、汗を抑えればよいという発想です。
1回だけの注射ではなく、皮膚の広い部分に注射するため、50回程度の注射を行います。
皮膚の表面への注射ですから、ほとんど痛みは感じません。
ただ、効果は限定的だと言う点がデメリットでしょう。
持続期間は3か月から6か月程度となります。
その後は、再度注射をすることになります。
もう少し本格的な治療を望むならば、手術となります。
切開の傷を少なくする方法がポピュラーです。
最新の手術方法なら数ミリの手術痕ですから、見てもわかりません。
汗の元である皮下のアポクリン腺を削り取る手術です。
10代の女性も受けられます。
わきがの程度に関わらず治療効果は高いですが、個人差がありますから、まずはクリニックで相談してみることから始めましょう。
この他にもいくつかの手術方法があります。
自分がわきがをどこまで治療したいのかによって、選ぶことができます。

精神的ストレス [健康]

環境ストレスのほかには、精神的ストレスというものがあります。
悲しみや怒り、不安や心配、極度の緊張やプレッシャーなど、気持ちの上でストレスが積み重なることがあります。
そして、社会的ストレスは、会社や家庭におけるストレスです。
それが、ストレスなのかどうかは、その人の性格によっても違ってきますので、同じことでもストレスに感じる人もいれば、感じない方もいるでしょう。
現代人のストレスの多くは、職場の人間関係、家庭の夫婦関係、また、SNSなどのネット上の人間関係など、さまざまですが、精神的ストレスが多いと言ってよいのではないでしょうか。
このようなストレスが、肌トラブルとして、肌荒れや、乾燥肌や、毛穴の黒ずみなど、いろいろなタイプのトラブルとなって表目化します。
ただ、私たちはその肌トラブルが、ストレスから起こるものとは気づかず、高い化粧品で改善しようとしたり、エステに行って一時的に改善させたりするのです。
毛穴の黒ずみだったらパックすれば、ある程度は除去できますし、大人ニキビなども、時間が経てばおさまりますよね。
ですが、本当はそれでは何も解決せずに、肌トラブルを繰り返すことになっているのです。
適度なストレスはあってもよいですが、それがつぶされそうなくらい大きすぎたり、長い間、ストレスを受け続けたりすると、心身がそれに耐えられなくなります。
疾患になったり、ウツになったりと、からだの異常として出てくるのです。

糖尿病が原因で手足を切断しなければならなくなった [健康]

あなたの周りや、お知り合いのかたの中に、糖尿病が原因で手足を切断しなければならなくなった、というかたがいらっしゃいませんか。
または、そのようなお話を、お聞きになったことはございませんか。
初めてそのようなお話を聞いたかたは、大概、糖尿病というのは、ずいぶん恐ろしい病気なのだな、と思うそうです。
しかし、糖尿病の知識があまりないために、手足の切断と結びつかないかたも多いようです。
確かに、血糖値が高いことが、何故、手足を切断することになるのか、解りにくいことでしょう。
これは、やはり免疫が落ちてくることや、血液が血管をきちんと流れてゆかないことなどが、そもそもの原因となっています。
その結果、ほんのちょっとした皮膚の傷から細菌が入り込みますと、どんどん化膿してゆくようになるのです。
やがて皮下組織までも化膿して、最悪の場合は骨までもが腐ってしまいます。
生きているのに、手足が腐ってくるのは恐ろしいことですし、その症状はどんどん広がってゆきますから、切断という方法をとるよりほかに方法がなくなってしまいます。
この手足が腐ってゆく症状を「糖尿病性壊疽」と言います。
壊疽が発症しやすいのは、足が一番多いようです。
最初は、何やら黒っぽいあざのようなものが出来始めますので、今現在、そのようなものが足に出来ているかたは、すぐに病院へ行くことをお勧めいたします。
これもまた、発見が早ければ切断を免れることができるからです。
タグ:糖尿病 原因
track feed SNSランキング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。